フリーランス個人事業の青色申告スタートブック

フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック―「わかる、使える」をつきつめたらこうなりました (お金の実務シリーズ)

アマゾン購入感想

青色申告初めての人でもわかりやすいタイトル通りです。青色申告が初めての人はもちろん、個人事業も初めての人でもわかりやすいです。また、迷いやすい仕訳についてもいくつか説明があり親切です。
これを読めば仕訳は楽勝かというとそうではありません。
この本はあくまでもガイドラインであり、細かい仕訳などは簿記の知識が必要であり、この本でも推奨していますが、ソフトを購入してやれば簿記の知識がそれほど必要とされることはないでしょう。(Windows版で人気のあるソフトを購入したがそれでも500ページの説明書があります)仕訳で迷った時は税務署に質問するのもいいですが、ネットの掲示板などで質問した方が楽かもしれません。
青色申告をされる方は、先にこの本を読んで税務署などに提出するものを把握し、日々の会計のコツを覚えて、準備されることをお勧めします。

アフィリエイターの皆さんにおすすめ青色申告がわかります19年度から私は青色申告をすることにしました。
まったくの経理初心者の人でもOKです。
税務署や官公庁に出す書類のことなど、初心者向けに、わかりやすく解説しています。
青色申告をするには前もって3月15日までに税務署などに所定の書類を提出しないといけません。
「フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック」には、そんなことから詳しく書いてあります。
アフィリエイト報酬が増えてきて税金のことが心配になってきたらこの本がおすすめですよ。

「フリーランス・個人事業の青色申告スタートブック」が一番わかりやすいと思いました。
私の知りたいことがたくさん載ってるという感じです。
例えば、何が経費にできるの?とか領収書をなくしたけど経費計上できる?など、役立つ情報をいろいろ解説してくれていています。

超割り切り、シンプルイズベストがこの本の神髄年を越すと、確定申告が気になりだし、1年月別に分けてジャバラファイルに投入しただけの領収書の山を見てはため息をつき、最終的には税理士の先生に丸投げということを長年続けてきました。そこで毎年この時期になると表題のような本を買い、今年こそは自力で思うのです。そんな時に書店で見つけたのがこの本。1人で出来るやさしいやりかた、とか、これから始める人も、やって挫折したひとも など魅力的な文字の帯に惹かれて購入。会計ソフトの最低限の使い方、青色申告のさまざまな手続き・段取りを、大分部の個人事業者ならこうするのがベストという割り切りで明確に記述しています。 これなら出来そう感があふれ出る好著です。 これを見ながら明日の休日からトライを始めます。

ホームページ広告収入の解説は、アフィリエイトで稼ぐ方法アフィリエイトの節税対策をごらんください。

自分年金作りは掛金全額所得控除で節税になる個人型401Kで安心の老後

楽しくお金が貯まるゲーム式貯金箱人生銀行

減価償却や住宅ローン等の複利計算は金融電卓


Copyright (C). 2004-2010.アフィリエイトの税金 All rights reserved.