広告収入の仕組み

ブログやホームページで稼ぐ方法

ホームページがお店に!売り上げマージン獲得

アフィリエイトの仕組み

お店で物を買うと、商品価格の一部が売ったお店の利益になります。 インターネットでも同様に、ホームページやブログで商品を紹介して、売上げが有った場合、サイト運営者は広告収入を得ることができます。たいてい、商品購入一回につき定額あるいは商品購入額の一定割合で支払われます。この仕組みをアフィリエイト(成果報酬広告)と呼びます。

狭義のアフィリエイトの定義は、成果報酬(成功報酬)の広告提携を指しますが、広告がクリックされた回数に応じて支払われる場合(クリック保証)、バナー表示回数に応じて支払われる場合(表示保証)、広告掲載に対する報酬(月極契約)等もアフィリエイトと呼ぶことがあります。

広告収入を得るには

多くの場合、バリューコマースなどの仲介業者(affiliate service provider:ASP)と契約します。 ASPは広告の管理や報酬の支払いなどを代行します。 なお、アフィリエイトの場合、サイト運営者は商品の解説ページの作成などは行いますが、商品仕入れや発送は行いません。 商品発送や在庫管理は広告主が行います。

商品ジャンル等により異なりますが、オリジナリティのあるサイトを運営していれば、月十万円稼ぐサイト運営は十分可能です。工夫次第では月収百万円以上も可能です。

広告収入と税金

ホームページやブログで広告掲載する場合、インターネット上でビジネスをしていることになります。 このため、事業所得として確定申告が必要になります。 (サラリーマン、パート、派遣の年収等は給与所得です。) 所得税や住民税が課税される他、国民健康保険や保育料等に影響する可能性があります。

アフィリエイトで稼ぐ例

アフィリエイトで稼ぐサイトとしては、情報提供サイト(例:20代から始める長期投資)、商品比較サイト(例:コーヒーミル比較)などがあります。


アフィリエイトノウハウについては、別サイト人気ホームページ製作法にて解説しています。


※会社員等で就業規則に副業禁止規定が有る場合、アフィリエイトは就業規則違反になる可能性があります。あらかじめ確認するようにしてください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.