消費税

ネット収入は消費税の納税が必要です。

アフィリエイトやオークションなどのネット収入には、消費税がかかります。 所得税の納税とは別の手続きになります。

消費税とは

消費税とは、物品やサービスの購入にかかる税のことです。 竹下登内閣の時に制定されました。 医療費や教育費などは免税ですが、食料品を含めほぼ全ての商品が課税されます。 税の種類としては、消費税は間接税(負担者と納付者の異なる税)に分類されます。

消費税率は、平成元年四月一日から 3 %、その後、平成九年四月一日から 5 % に引き上げられています。

消費税納税の仕組み

お店で物を買うとき、消費税をお店に支払いますね。 お店はいったん消費税を預り、国(と自治体)に消費税を納税します。 納税額は、お客から預った消費税と、仕入先等に支払った消費税との差額になります。

消費税納税の対象は?

消費税は、前々年度の売上高が1000万円以上の場合、納税の義務があります。 1000万円は所得ではなく売上なので注意しましょう。 例えば、仕入高900万、売上高1100万の場合、粗利益は200万円ですが、消費税納税の対象になります。

したがって、オークション(せどり)やアフィリエイトの場合も、年間1000万円以上の売上がある場合には消費税納税対象になります。

税込表示と税抜表示

2004年4月より、支払い額は、全て税込表示とすることが義務づけられています。 このため、オークションの落札額は(特に記述しなければ)税込表示となります。 仮に1万円で落札された場合、商品価格が9524円、消費税が476円となります(消費税率5%で計算した場合。消費税率アップが検討されています)。

また、アフィリエイトの報酬も、税込金額になっていることが多いです。 (なお、大手ASPリンクシェアは消費税額を加算して支払いをしています。) このため、1万円の支払いがあった場合は、アフィリエイト報酬が9524円、消費税が476円となります(税率は5%で計算しています)。

消費税の簡易課税

消費税課税の原則では、税額を取引毎に計算し、集計します。 消費者から預った金額と、仕入れ代として支払った金額の差額が、納税する消費税額になります。 しかしながら、この方法は個人事業者にとっては手間がかかるため、前々年度の売上高が5000万円以下の場合、簡易課税方式で計算することができます。

簡易課税の場合、個々の売上げごとに消費税額を計算するのではなく、業種によって定められている、みなし仕入れ率を使用して計算します。 みなし仕入れ率とは、売上高を元に仕入れ額を決める割合のことです。

例えば、オークションは小売業なので、みなし仕入れ率は80%とされています。 総売上高1050万円(税50万円)の場合、仕入額は840万円(税40万円)となります。 支払う消費税は、50万円(売上の消費税部分)-40万円(仕入の消費税部分) で10万円となります(税率は5%で計算しています)。

なお、簡易課税を選択する場合で、複数の事業(例えばオークションとアフィリエイト)を行っている場合は、事業ごとにみなし仕入れ率が異なるので、事業ごとに売上を分けて計算してください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.