副業が会社にばれない方法は?

サラリーマンの副業がテレビ等で取り上げられることも増えましたね。 アフィリエイトの他にもオークション、株、外貨証拠金取引、不動産投資等いろいろあります。

副業禁止は就業規則(当事者間契約)のため、副業の定義、違反した場合の処分等は会社により異なると考えられます。このためアフィリエイトが副業と判断されるかどうかは一概にはいえませんが、副業禁止規定がある場合、会社にばれる危険性、最悪懲戒解雇等の罰を受ける可能性があることは覚悟しておいてください。 なお副業禁止関連について、当サイトでは一切相談に応じませんし責任も負いません。

アフィリエイトで稼ぐのは自宅で作業できるため、会社にばれない副業という観点からは優れていると思いますが、サイト内容等から個人が特定される可能性もあります。

税金関連では、住民税に注意しましょう。 住民税の支払い方法は、普通徴収と特別徴収があり、確定申告時に選択可能です。

住民税の特別徴収を選択すると、会社の給料から天引きされます。 副収入で課税所得増 => 住民税額増 => 給与所得から計算される住民税と異なる => 給与以外の所得がある、という流れで、副業が会社にばれる可能性があります。

住民税の普通徴収を選択すると、請求書が自宅に郵送されるので、会社に住民税額が通知されることはありません。 ※あくまで住民税請求が会社宛に行かないというだけです。会社に副業がばれない保証はありません。※

アフィリエイト(ホームページ広告収入)の詳細な解説は、アフィリエイトの利点をごらんください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.