アフィリエイトの節税対策

アフィリエイトは必要経費が少ないビジネスです。事業開始時の初期投資が少ないメリットがありますが、売上げの大半が課税対象となることにもなります。(詳細は、必要経費で解説しています。)

サラリーマンの副業で基礎控除や扶養控除等の各種控除が給与所得に適用済みのケースでは、アフィリエイトの確定申告で控除が少なくて税金が高い印象を受けるかもしれません。また給与所得等と合算して課税されるため、給与所得が高い場合は税率も高くなります。(詳細は、所得税率で解説しています。)

節税にはまず青色申告をするべきでしょう。複式簿記で記帳すると年65万円の控除になります(所得税率10%住民税率10%の場合年13万円の節税)。また配偶者や子供等の家族に給料を支払うことも可能になります(青色事業専従者を参照)。

他にも、国民年金付加年金国民年金基金小規模企業共済確定拠出年金に加入する方法があります。社会保険料控除または小規模共済等掛金控除として掛金全額所得控除されるので、節税効果が大きいです。専業の場合(自営業やフリーランスと同じ扱い)とサラリーマンの副業の場合で加入の可否や保険料が異なります。詳細はリンク先で確認してください。

なお年収一千万以上が続く見込みがあれば、法人化するほうが節税になるといわれています。LLC(合同会社)等にすると良いでしょう。

アフィリエイト(ホームページ広告収入)の詳細な解説は、アフィリエイトの利点をごらんください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.