個人型401K

全額所得控除で節税

個人型401K(確定拠出年金)は、運用方法が選択可能な年金です。

個人型401Kとは

個人型401Kとは、正確には確定拠出年金(加入者が掛金の運用方法を自分で選択する年金)のことです。 アメリカの税法で401条k項に記述されているため、401Kと呼ぶことがあります。

個人型401Kは限度額の範囲で掛金が自由に決められ、金融機関や商品も選べるので自由度が高い年金といえますが、運用商品の選び方によっては元本割れのリスクもあります。

401K対象者

確定拠出年金は国民年金・厚生年金に上乗せされる年金になります。 国民年金加入者(自営業、フリーランス等)、厚生年金加入者(サラリーマン等)が対象となります。 厚生年金加入者は勤務先で導入している場合は企業型、未導入の場合は個人型になります。 なお、国民年金未納・免除の方は401K加入はできません。

掛金

国民年金のみの方は最大月68000円、国民年金プラス付加年金の方は最大月67000円、国民年金基金加入者は国民年金基金の掛金と合わせて月68000円まで拠出可能です。厚生年金加入者で個人型401Kに加入する方は月23000円(2010年現在)まで拠出可能です。勤務する企業で導入されている場合は勤務先にお問い合わせください。

401Kは掛金全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)されるので、所得税住民税の節税になります。 お住いの自治体によっては認可保育園の保育料や国民健康保険、介護保険、後期高齢者支援金も安くなります。

手数料

加入時に事務手数料がかかる他、国民年金基金連合会、事務委託先金融機関に管理手数料に毎月手数料を支払う必要があります。

運営管理機関(確定拠出年金を申し込んだ銀行・郵便局・証券会社等)にも手数料がかかることが多いですが、 SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K) では運用資産50万円以上で無料となっています。(モーニングスター確定拠出年金手数料比較を参照。)

年金受け取り

50才までに加入すると、60才から受け取ることができます。(50才以降の加入は受給開始年齢も繰り延べになります。)

一時金として受け取る場合は退職所得控除の対象になります。自営業やフリーランス等、通常退職金の無い人には嬉しいですね。 年金として受け取る場合はもちろん公的年金控除の対象になります。

なお受取額は、運用結果によって大きく変わる可能性があります。運用商品の選び方も考える必要があります。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.