アルバイト雇用

従業員へ給与を支払う手続き

個人事業主が社員やアルバイトを雇う場合は給与支払事務所等の開設届出書を提出する必要があります。 労災保険や雇用保険の手続きも必要になります。

従業員雇用

個人事業主が従業員を雇う場合は給与支払事務所等の開設届出書を提出する必要があります。 雇用契約は労働基準法の定める条件(賃金や労働時間など)を満たす必要があります。 正社員の場合はもちろんですが、パートやアルバイトを雇う場合でも届出が必要になります。

源泉徴収

給与所得は源泉徴収する必要があります。 源泉徴収とは、従業員の所得税をあらかじめ差し引き、事業主(給与を支払う人)が納付する仕組みです。

源泉徴収した税は、毎月納付することになっていますが、従業員が10人未満の場合は年2回にまとめて納付可能です(要届出)。

保険の届出

従業員を雇用する場合は保険の届出も必要になります。 保険は以下のようなものがあります。

労働者災害補償保険(労災保険)
労働基準監督署またはハローワークへ。
雇用保険
ハローワークへ。
健康保険、厚生年金保険
社会保険事務所へ。正社員や正社員に準ずる従業員がいる場合。

加入手続きや保険適用条件などはここでは紹介しきれませんので、詳細は社会保険労務士にご相談ください。

Copyright (C) 2004-2010. アフィリエイトの税金 All rights reserved.