青色申告と白色申告どちらが得?

税金だけ考えれば、青色申告特別控除がある青色申告が得です。65万円控除されると所得税率10%住民税率10%としても13万円の節税になります。また家族を青色事業専従者とすることができ、給料を全額経費にできます。さらに国保保険料・介護保険料も世帯構成や自治体の計算方法によっては安くなることがあります。
※現金主義(報酬を受け取った時点で売上げ計上)の場合の青色申告特別控除は10万円です。

ただし青色申告は白色申告よりも記帳が大変になります。税金が多くなっても、帳簿管理に手間をかけたく無いので白色申告する、という選択肢もあります。(白色申告にすると年間所得300万円までは記帳義務がありません。)

帳簿作成は本来は、取引先毎の月々の収入、レンタルサーバー代や広告宣伝費等の経費等、事業の収支を確認するのが目的ですので、節税等に関係なく記帳することをお薦めします。

青色申告には帳簿作成だけでなく、損益計算書と貸借対照表作成も必要です。確定申告ソフトを利用することをお薦めします。

自分で記帳しない場合は、アフィリエイター向け記帳代行サービスのある記帳ドットコムをお薦めします。(要望欄に「アフィリエイトの税金で知りました」と記入すると初年度のみ一割引)

アフィリエイト(ホームページ広告収入)の詳細な解説は、アフィリエイトの利点をごらんください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.