収入と所得

法律上の収入と所得の違い

収入と所得はほとんど同じ意味のように思えますが、法律上では区別されています。 収入から経費を引いたものが所得になります。

収入とは

収入とは、手に入ったお金の額です。 自営業の場合には売上金額になります。 サラリーマンの場合には、手取額ではなく、源泉徴収や社会保険料を引く前の額になります。 複数の収入源がある人は合計額になります。

アフィリエイト(ホームページ運営による広告収入、詳細はアフィリエイトで稼ぐ方法参照)の場合は、源泉徴収などはされていないことが多く、その場合 ASPから振り込まれる額(振込手数料を引く前)が収入になります。

所得とは

所得とは、収入から必要経費を差し引いた額です。 「収入税」ではなく「所得税」であることからもわかるように、税金は所得にかかります。 つまり、必要経費の部分には税金がかかりません。 もし必要経費にも税金をかけてしまうと、非常に高い税額になり、生活ができなくなってしまいます。

税金の税率などはたいていの場合、所得を基準にしていますので、所得がどれくらいかを把握しておくことが大事ですね。

アフィリエイトの場合は、アフィリエイト収入から広告費用、サーバー代等の必要経費を引いた金額が所得になります。

所得税が実際に課税されるのは、所得から社会保険料(国民年金、厚生年金、健康保険等)や扶養控除、基礎控除等の各種控除を差し引いた後の金額になります。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.