フリーランスの年金上乗せ

国民年金基金

フリーランスの老後生活は国民年金だけでは不安ですね。国民年金加入者のための二階建て部分年金として国民年金基金制度が用意されています。(任意加入)

国民年金基金とは

国民年金基金とは、国民年金加入者を対象とした公的年金制度です。サラリーマンの厚生年金、公務員の共済年金に相当する二階建て部分となります。加入は任意となっています。
※会社員(厚生年金加入者)、公務員(共済年金加入者)は国民年金基金に加入できません。

国民年金基金の対象者

国民年金基金は、国民年金保険の第一号被保険者(自営業、フリーランサー等の個人事 業主)が対象となります。国民年金納付が前提となりますので、未納者や減免措置を受けている人は加入できません。

アフィリエイトで稼ぐ人も、国民年金基金に加入することができます。 ただしサラリーマンの兼業で厚生年金に加入している人は、アフィリエイト個人事業主でも国民年金基金に加入することはできません。

加入は任意となっており、加入時期も自分で選ぶことができます(加入時期が遅くなると月々の掛金が増えます)。

国民年金基金への加入

20才から60才までの間なら好きなときに加入することができます。 加入時期が遅くなると月払い掛金が多くなります。

最低一口以上(20才男性で掛金月5,550円、20才女性で月7,000円)から最大月68,000円まで可能です。 途中で増口、減口することは可能ですが最低一口は継続する必要が有ります。

受け取り年金額

65才から死ぬまで受け取ることができます。 一口目は月2万円です(35才までに加入した場合)。

ニ口目以降は月一万円(35才までに加入した場合)で、終身タイプ(65才から死ぬまで)と確定タイプ(65才〜80才、65才〜75才、60才〜75才、60才〜70才、60才〜65才)が選べます。

社会保険料控除

社会保険料控除対象なので、月68,000円までの掛金全額所得控除されます(個人型401Kと合計で最大68000円)。 所得税、住民税等が安くなるので節税になります。 自治体によっては認可保育園の保育料や国民健康保険、介護保険、後期高齢者支援金も安くなります。 民間の個人年金の所得控除は年間5万円までです。

アフィリエイターの年金加入

アフィリエイトに定年は無いので、アフィリエイトで老後の生活費を稼ぐことは可能です。 国民年金基金は義務では無いので、加入の判断は個人の自由ですが、掛金が所得控除される有利な老後資金積み立てとして加入するのも良いかもしれません。


掛金等の詳細は国民年金基金をごらんください。

PR: フリーランスの方に最適な自動見積フォーム「マイ見積」

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.