青色事業専従者

夫や妻や子供に支払う給料は必要経費です。

アフィリエイト運営を配偶者(夫や妻)や子供に手伝ってもらうこともあるでしょう。 そのような場合は、青色事業専従者給与の届出をすると、支払った賃金が必要経費として認められます。

青色事業専従者とは

個人事業では、家族が仕事を手伝うケースも多いでしょう。 一緒に生活している(生計一と呼びます)家族に対して支払う賃金は、白色申告の場合は配偶者86万円、その他の親族50万円までに制限されています。

青色申告の場合は、青色事業専従者給与という制度があります。 あらかじめ税務署に届出すると、夫・妻・子供など、家族に支払う賃金を全額必要経費とすることが出来ます。 もちろん、あくまで労働の対価として給料を払うわけですから、実際にウェブサイト作成や管理、あるいは商品情報収集等のアフィリエイト事業に関する仕事をしている必要があります。

青色事業専従者の対象者

青色事業専従者の対象者は生計を共にしている家族です。 配偶者や子供(年齢15歳以上)などが対象になりますが、年間6月以上従事している必要があります。

生計一の家族を青色事業専従者とした場合、扶養控除、配偶者控除等の対象にはなりません。

青色事業専従者給与の届け出

青色事業専従者給与の届出は、申告する年の3月15日まで(年度途中の場合は、支払い開始から2ヶ月以内)に「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に提出しておきます。 届出を提出すると、支払った賃金が必要経費となります。

アフィリエイト節税対策も参考にしてください。

Copyright (C) 2004-2011. アフィリエイトの税金 All rights reserved.