所得税率

年収が高いと税率も上がる

所得税は、年収が多いほど税率が高くなる超過累進税率方式になっています。

所得税課税率

所得の種類によって課税方式が異なります。 総合課税に該当する所得は、合計に対して課税されます。 分離課税に該当する所得は、個別に税額が計算されます。 ここでは総合課税の税率を紹介しています。

所得税の課税率は、所得が多いほど税率が高くなる超過累進税率方式になっています。 税率は以下のようになっています。(参考→平成18年以前の所得税率)

所得税率平成19年以降
課税所得 計算式
195万円以下 5%
195万円超 330万円以下 10%-97500円
330万円超 695万円以下 20%-427500円
695万円超 900万円以下 23%-636000円
900万円超 1,800万円以下 33%-1536000円
1,800万円超 40%-2796000円

計算式だけ見るとややこしいですが、税率が変わる近辺で税額が急激に変化しないようになっていることがわかります。

例えば、課税所得(社会保険料控除、扶養控除等を差し引いた金額)が180万円なら税率は5%(9万円)です。 課税所得が200万円の場合、単に10%だと20万円となってしまい、差が大きくなり過ぎるので、97500円が差し引かれます。(195万円までの部分に5%、195万円超部分に10%課税したのと同じになります。)

サラリーマンの給料やボーナスの源泉徴収額は、概算で算出されています(年末調整で調節)。

複数の所得がある場合は合算所得で計算します。 例えば給与所得(会社員や派遣社員の給料ボーナス)300万、事業所得(アフィリエイトやドロップシッピング)200万、雑所得(外国為替取引等)100万なら、合計600万円になります。

確定拠出年金に加入すると掛金全額所得控除で節税になります。節税対策も参考にしてください。

Copyright (C) 2004-2010. アフィリエイトの税金 All rights reserved.